三国志大戦ブログナナメ読み  ―ふんばれ!―

三国志大戦 万年低品ふんばれデッキ君主のマイナー実験室とブログピックアップ
<< STOP劉備くん!復刊 | main | ふんバリストを配置してみる。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
  
純正ふんばれデッキ
>ふんばれデッキはある程度完成形になっている。

とか書いておきながら、昨日の寝る前にも改良版を妄想していたヴァレリアです。
こんにちは。


今日はプロフィールでも紹介している「ふんばれデッキ」について説明、考察してみたいと思います。


※ふんばれデッキはネタデッキの領域をでません!真似て勝てるとは思わないでくださいwwww


(長文です)

――――――――――――――――――――――――――――
<キーカード>

UC孫権 コスト1.5
武4 知6 槍兵
防柵 魅力

計略:ふんばれ!(必要士気4)(前方中円)
範囲内の味方の武力が上がり、効果中は移動が出来なくなる

――――――――――――――――――――――――――――

ネタだネタだと言われますが、実はそんなに性能は悪くないと思います。
(意訳:ここからネタカードの良い面をなるべく見ていきます)


・呉におけるコスト1.5槍

比較対称
C陳武  5/3 勇 漢の意地
R孫尚香 5/4 魅 呉への援軍
UC呂蒙 5/5 勇 呉下の阿蒙
R魯粛  4/8 柵 同盟締結

UC呂蒙が人気ですね。安定だと思います。
爆発力をかってC陳武を入れるケースも良くあるようです。
(実際私はC陳武を愛用しています。UC呂蒙持ってませんが)

ではUC孫権は?
弓兵の護衛として最適な”柵”持ちです。
呉は弓兵が多い一方、ほとんどの場合
「高武力弓だと柵なし、柵を取ると低武力」
というジレンマがあります。(両立させるためにはコスト高)
武力が4あれば騎馬に対する牽制の役割は十分果たせます。
また知力6は伏兵を踏んでも問題ないレベルです。

武力4柵持ちにR魯粛がいますが、呉単色で組む以上は計略が100%無意味なので除外します。


・ふんばれ!を生かすためには?

似ている計略に
魏 R郭嘉
蜀 UC法正
後方指揮があります。

後方指揮はかなり強力な計略だと言われていますが、どこが違うかをしっかりおさえることが大切になります。

1.消費士気4、武力+3は同じ
英傑号令より軽く全体強化ができます。
これはどちらにも言えるメリットです。

2.効果カウントが短い(6C)また、効果範囲がより狭い。
後方指揮に比べて時間が短いです。範囲も狭いです。
通常の全体強化ではマイナス要素ですが、ふんばれ!の性質上有効だと思います。

3.移動できなくなる
でましたw二番目にネタとされる要素(一番は計略名wwwwww)
メリットは勿論、挑発されても止められる。ことです。
しかし動けないのでは役に立たない・・・
いや、唯一動かないで戦う兵種があります。そう、弓兵です!

つまり、「ふんばれ!」は弓兵デッキを作れという セガのメッセージだったんだよ!!

実際今まで弓兵デッキの弱点の一つであった「挑発」の問題は回避できます。



<弓兵を考えてみよう>

まず、大きく
・高武力弓(8〜9)
・中武力弓(5〜6)
・低武力弓(1〜2)
に分けて考えてみます。
(武力3、4、7はそれぞれの評価の中間とお考えください)


・高武力弓(代表:SR呂蒙、SR太史慈、R太史慈)
メインアタッカー。
乱戦力の低さ故に、同武力の槍、騎馬に比べ単独でメインになることは難しい。
しかし、敵のメインにもかなりのダメージを与えられる頼れる弓兵
乱戦にさえ持ち込まれないように運用できればかなり強力なのは間違いない。
3枚しかない上、太史慈が同名武将になってしまうのが悩みの種。


・中武力弓(代表:C丁奉、UC程普、C朱桓など)
サブアタッカー。
コスト0.5単位の調節や、弓兵も入れておくか・・・という意味で入れられるケースも多い。
低武力相手には結構強い。敵のメイン相手でも乱戦にもちこまれない形であればなかなかいいダメージを与えられる
呉はこの1.5コストの中武力帯が充実しており、コストパフォーマンスが良い。
計略もなかなか粒ぞろい。


・低武力弓(代表:C虞翻、UC諸葛瑾、C孫静など)
主に計略要員。(柵を増やすために入れる場合もあり)
敵の殲滅にはあまり役に立たない。
敵の攻城を遅らせる役目、麻痺矢号令要員といった弓運用がメインか。


弓兵全体としては、離れたところから一方的に攻撃できる。
というのが最大の利点です。
それを最大限生かすためには、敵が近寄る前に倒す!ことができればいいわけです。
実際、R黄忠に射られながらタイマンで喧嘩を売っていくC呂範はやられてしまいます(あれ?w

相手が近寄る前に勝負を決めるためには、前述の高武力弓、中武力弓を用いることに決定。


・高武力弓と中武力弓の割合はどうするか?
ふんばれ!で強化することを前提と考えると、中武力メインでいきます。
理由は2つ。

1.武力10弓1人より武力8弓2人の方が強い。
2.高武力弓はR太史慈以外、コスト比で割高

充実の中武力弓をふんばれ!することで太史慈を量産することができ、接近させない戦いをすることが期待できます。


――――――――――――――――――――――――――――
<メインアタッカー>

R太史慈 コスト2.0
武8 知4 弓兵
勇猛

計略:天衣無縫(必要士気6)(自分自身)
自身の武力が大幅に上がり、さらに知力と移動速度が上がる。

強化前から敵を倒していくメインアタッカー。
天衣無縫は汎用性も高く、臨機応変に対応。
――――――――――――――――――――――――――――
<サブアタッカー>

C丁奉 コスト1.5
武6 知4 弓兵


計略:麻痺矢戦法(必要士気4)(自分自身)
自身の武力が上がり、矢を当てている敵の移動速度が下がるようになる。

メインに近いサブアタッカー。コスト1.5で武力6は強い。
麻痺矢戦法は騎馬の接近を遅らせて皆で蜂の巣にしたり、単体超絶強化対策にもなり、かなり実用性が高い。
――――――――――――――――――――――――――――
<サブアタッカー>

UC程普 コスト1.5
武5 知6 弓兵
防柵

計略:遠弓戦法(必要士気4)(自分自身)
自身の武力と射程距離が上がる。

サブアタッカー&柵要員。
コスト、武力、柵の三拍子揃った呉のバランスファイター。
一人ではやや厳しいが、同武力帯の弓兵と固まれば安易に敵は近づけない。
ダメージ計略で一撃死しないのも強み。
――――――――――――――――――――――――――――
<サブアタッカー>

C朱桓 コスト1.5
武5 知7 弓兵


計略:火計(必要士気7)(前方長方形)
範囲内の敵に炎によるダメージをあたえる。ダメージは互いの知力で上下する。

サブアタッカー&火計要員。柵はないものの最強のコストパフォーマンス。
火計は攻防一体で使えるので入れない手はない。武力要員にもなるのが強い。
――――――――――――――――――――――――――――


ここまででかなりの長文になっているので、配置や戦い方などはまた次回に。
| ヴァレリア | 管理人のデッキラボ | 15:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
  
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:47 | - | - |
  









http://uc-sonken.jugem.jp/trackback/5
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>


人気blogランキング

「まぁおもしろかったよ」
「まぁためになったかな」
と思って頂けたらクリックをお願いします。
1日1クリックまで有効です。
よろしくお願いします_(._.)_

このページの先頭へ