三国志大戦ブログナナメ読み  ―ふんばれ!―

三国志大戦 万年低品ふんばれデッキ君主のマイナー実験室とブログピックアップ
<< かけこみ需要!? | main | バージョンアップへ向けて >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
  
破滅的・・・?
いよいよ2月ですね。ヴァレリアです。
こんにちは。


普段あんまり戦いの内容を覚えていられる方ではないのですが、
なかなか印象深い戦があったので今回はそれについてです。
こちらが使用していたデッキは
破滅的ふんばれ!デッキ。

槍・UC孫権 4/6 柵魅
弓・R太史慈 8/4 勇
弓・C虞翻 1/8 柵
弓・C凌操 3/3
弓・R陳宮 4/7 柵
歩・UC李儒 2/8 柵



初戦、対する相手のデッキは

馬・SR曹操 8/10 伏活魅
馬・SR賈ク 1/9 伏
槍・UC典韋 8/1 勇
馬・R楽進 4/3 勇
弓・Cカイ越 2/7 伏

だったかな?
変則覇王デッキのような雰囲気。

こちらの初期配置はいつもの


というような感じ。

開幕。
楽進が右サイド、典韋が左サイドから攻めてくる。
右の柵に多少打撃を食らうも、李儒を乱戦させて柵防御。
まもなく楽進を撃破。

左サイドの典韋が迫ってきていたので太史慈を柵内から援護に向かわせる。
右サイドは伏兵をかわして攻城できるかもしれないチャンス。
李儒&凌操を向かわせることに。
が、直後に李儒が曹操を踏み、右柵の防衛戦に。

結果、典韋や曹操は撃破するも、右柵左柵李儒凌操虞翻を失う。
まだ伏兵が2部隊残っているので回復に専念することに。


中盤。
今度は中央から横一線で進撃してくる敵部隊。
虞翻を横に出し、火計で大打撃を与えると同時に、カイ越の弱体化の計を食らう。
また、この時柵を守りに出た孫権が賈クを踏み撤退。
しかし、火計で大打撃を与えていたため、問題なく撃破。

その間に右端から李儒を進軍させ攻城成功。
相手に再起を叩かせる。


終盤。
全軍で中央から進軍してくる敵。

「皆の者!力を見せよ!」

覇者の求心キタ―(゜∀゜)――!
ガクガクブルブル(((゜д゜;)))










ピコーン!閃いた!!










「二度と立てぬようにしてくれる」
(暗殺の毒)











お、もうちょいでたまる・・・










「二度と立てぬようにしてくれる」
(暗殺の毒)











2度がけして放置プレイ。

左端から孫権&李儒を攻城へ向かわせ、
弓部隊達は攻城妨害弓を射つづける。
曹操が最後まで粘るも、敵を殲滅。

落城勝ちヽ(´ー`)ノ
兵法連環使い忘れた(゜д゜)

暗殺の毒マジ強いよ!



2戦目。
袁涼のデッキでUC李儒入り。
李儒、劉備、沮授、とか入ってました。
あとはよく覚えてませんw

ものすごく仲間のにおいがします。

開幕から序盤。
お互いに柵を1枚ずつ失うも攻城できず。
柵を破られて危ない!と思い










「二度と立てぬようにしてくれる」
(暗殺の毒)











すると即、迅速な転進。
見事なり。


中盤。
進軍してくる敵に対して、沮授の封印の計を警戒し、
虞翻以外を出して当たらせる。
予想通り封印の計を食らう。
直後に虞翻を出撃させ、敵主力を焼き払うことに成功。
ここで一気に攻勢をかけるも










「二度と立てぬようにしてくれる」
(暗殺の毒)











結局毒の効果と城内防衛のため攻城できず。
むむむ・・・


終盤。
カウンターの危険は感じながらも、
負けを恐れて引き分け狙いの戦ができるか!
と波状攻撃を中盤から継続。
が、やはり攻めきれず。

残り時間が足りないが、最後のカウンターに来る敵軍。
最後まで戦う意思を決めた私は










「二度と立てぬようにしてくれる」
(暗殺の毒)











カウント0で迅速な転進!

引き分けに終わるも、「あっぱれ!」な相手であった・・・










暗殺の毒ってホント今回弱体化されてないし、
号令にも対処できる超優秀計略だと思うんですけどw
ヴァレリアはUC李儒をプッシュしていますw










破滅的献策は一回も使いませんでした。

デッキ名を改名する必要アリか・・・?w










ふんばれ!も記憶にございません。

どうやらデッキの改名は必要ないようですw
| ヴァレリア | 管理人の戦 | 19:30 | comments(5) | trackbacks(0) |
  
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:30 | - | - |
  
 こんばんはです。

 最初デッキを見たとき「武力は1下がるけれど、ふんばれデッキなら厳氏じゃない?」と思いましたが何の、李儒でしたねw

 それと「暗殺の毒」が2度がけできるのは全く知りませんでした!
 西涼はこれからも注目です。

 それと柵の置き方が気になったのですが・・・
 良ければ教えてもらえませんか?
| 黄満知 | 2006/02/01 2:52 AM |

こんにちは。看破と陳羣に翻弄されている今日このごろ。

李儒と厳氏では一見大差がないように思われていますが
即効の速さが違う! 確かに李儒の2度かけは強力そうですね
ちなみに私は十常侍の2度かけと十常侍→SR郭嘉で反計吸収
などやったことはあります。神算鬼謀が士気4というところが少しネックなんですが・・・。

さっき簡雍で残3カウントで無血開城を発動した矢先に
出てきた劉曄に看破くらって負けました。
| HIKO | 2006/02/01 2:23 PM |

>黄満知さん
士気と範囲と効果時間でUC李儒をチョイスしましたー。
柵の配置についてはこちらで一本記事書きましたのでご参照をー。
http://uc-sonken.jugem.jp/?eid=45
まぁ地形や相手によって変化は必要ですが一手としてはアリかなーと。

>HIKOさん
場面によって1度と2度と選択の幅を持たせられるのが素敵な李儒様ですw
十常侍でかけた分、神算鬼謀で取り返すとは・・・
これはうっかりはまりそうですねー。
今回十常侍も微調整されてますが・・・

劉曄の存在感の薄さは半端ないですね。
COM戦で出てきてもつい計略使ってしまいます・・・
COMは何故か看破しませんが・・・


| ヴァレリア | 2006/02/01 10:27 PM |

 こんばんは。わざわざすいません。
 
 すごい・・・ここまで計算しつくされている配置だとは・・・
 私の場合柵4枚だと、どの地形でも城前に【−=−】の単純配置なので・・・
 
 勉強になりました。
 ありがとうございました。
| 黄満知 | 2006/02/02 1:35 AM |

>黄満知さん
どうしても槍一本だと直線的配置だと騎兵に機動力の差で、槍避けながらコツコツ叩かれちゃうんですよね。
横幅+縦幅をつけて弓の範囲を重ねたり、騎兵が左右にゆさぶりにくくなるための配置だと思います。
私もゲーセンで見たのをパクって理論を後付けしましたw
| ヴァレリア | 2006/02/02 7:03 PM |










http://uc-sonken.jugem.jp/trackback/81
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>


人気blogランキング

「まぁおもしろかったよ」
「まぁためになったかな」
と思って頂けたらクリックをお願いします。
1日1クリックまで有効です。
よろしくお願いします_(._.)_

このページの先頭へ